RENNYO THE SECOND FOUNDER OF SHIN BUDDHISM

TOP > 「蓮如」 マイナー・T・ロジャース アン・T・ロジャース 共著

RENNYO THE SECOND FOUNDER OF SHIN BUDDHISM
(Asian Humanities Press, 1991)
Minor L & Ann T. Rogers

「蓮如」 マイナー・T・ロジャース アン・T・ロジャース 共著

真宗の伝統改革運動をしている親鸞会は、真宗教団で最大規模を誇る西本願寺に対する抗議を主としている。この会は、かって加賀の国、現富山県の一寺に育ち龍谷大学を卒業した高森顕徹氏により、1958年に創設されたものである。親鸞会会員は、釈迦牟尼から七高僧を経て親鸞聖人及び覚如、蓮如上人へと続いた正法の正当な継承者の一人、良き師と高森氏を仰いでいる。世襲によって代々続いてきた本願寺の門主らの権威は認めていない。高森氏の指導のもと、大変精力的にかつ根気強く親鸞聖人の真実の教えに戻るようにと本願寺に要求している。蓮如上人以後、本願寺が特権を持つ有力な宗教団体にまで成長していった時代に、徐々に教えを歪曲してきたと主張しているのだが、驚くべきことに親鸞聖人回帰説をとっているこの会が蓮如上人をおろそかにしたり、避けたり(無視したり)するようなところが見られない。それどころか、同会における蓮如上人像は伝統的な信者の敬愛していたものとほとんど一致しており、上人が徹頭徹尾祖師親鸞の教えを継承させていると断言している。親鸞会で行う礼拝では『御文章』の「聖人一流の章」または「白骨の章」を読み添えることを常としている。出版物の中でも『親鸞会かく答える/本願寺なぜ答えぬ』は本願寺に返答を迫る会の挑戦で、親鸞会の改革への積極姿勢が窺えるものである。親鸞会の本部は富山県高岡市。日本の主要都市に支部があるほか、ブラジル、北米にもその在外拠点がある。

註 M・ロジャース氏はワシントン アンド リー大学の教授で、米国における浄土真宗研究の第一人者とある。(南山大学WEBサイトより)
今回唯一の海外のメディアの紹介となった。原文は下記を参照されたい。

The Shinrankai, a reform movement within Shinshu tradition directs its protests primarily against the Nishi Honganji as the largest branch. It was founded in 1958 by Takamori Kentetsu, a graduate of Ryukoku University,who grew up in a temple household in Toyama prefecture, formed Kaga province. Takamori is seen by members of the Shinrankai as the good teacher (zenchishiki) within a dharma-lineage beginning with Sakyamuni and continuing through the seven Pure Land masters to Shinran, Kakunyo, and Rennyo.The authority of other head priests in the Honganji hereditary lineage is not recognized. Under Takamori's leadership, the Shinrankai vigorously and persistently summons the Honganji to return to Shinran's true teaching, unsullied by what are perceived to be distortions that developed in the years following Rennyo when the Honganji became a privileged and powerful religious institution. A striking aspect of the Shinrankai is that, in espousing a return to Shinran, there is no effort to downgrade or bypass Rennyo. Indeed the organization's image of Rennyo is very close to that of traditional sectarian piety, taking for granted that his teaching is wholly continuous with that of the founder. The Shinrankai's liturgical practice regularly includes the reading of one of The Letters, either "On realizing faith," Shonin ichiryu no (5:5), or "On white bones, Hakkotsu no sho (5;16); see Jodo Shinshu Shinrankai,ed., Shoshin seiten(Takaoka: Shinrankai, 1988). Indicative of the movement's aggressive stance is the title of one of its publications, challenging the Honganji to respond to its charges; see Jodo Shinshu Shinrankai, ed., Shinrankai kaku kotaeru/Honganji naze kotaenu (Takaoka. Shinrankai,1985), with part one by Takamori.The Shinrankai headquarters are in Takaoka, Toyama, with groups in major cities in Japan as well as with representatives in Brazil and North America.

メディアの見た親鸞会|トップ

Copyright © メディアの見た親鸞会 All rights reserved.